正面橋・正面通・六条河原 (京都市下京区-東山区)
Shomem-bashi Bridge・Rokujokawara

  ホーム・京都風光



正面橋


方広寺、豊国神社に通じている正面通


「元和キリシタン殉教の地」、正面橋東詰北側、川端通の西側にひっそりと建てられている。
 鴨川に架かる正面橋(しょうめんばし)は、正面通に通じている。東は方広寺、豊国神社、耳塚へと向かい、西は枳殻邸(渉成園)、東本願寺に通じる。
◆歴史年表 平安時代、現在の正面通は、平安京の七条坊門小路の位置に当たる。
 安土・桃山時代、豊臣秀吉による方広寺大仏殿造営(1586-1595)が行われた。
 1589年以降、大仏殿の正面を通ることから正面通、大仏正面通とも呼ばれた。
 江戸時代、1686年頃、大仏殿の正面に当たることから正面通と呼ばれたともいう。
 1831年頃、鴨川より西の通りが通じたともいう。正面橋が架橋されたのもこれ以後とみられる。
 現代、1935年、「昭和10年鴨川大洪水」により流失する。
 1952年、現在の橋が架橋されている。
◆正面橋 現在の正面橋の架橋年は1952年になる。橋種は3径間連続鋼プレートガーターであり、橋長71.15m、幅員5.82m(7mとも)ある。意匠として、ウェブプレートの垂直補剛材を表側にしており、これに高欄を合わせている。
◆正面通 正面通(しょうめんどおり)は、東は大和大路通の東山茶屋町より、西は揚屋町通の下京区揚屋町までになる。平安京では七条坊門小路に当たる。 安土・桃山時代、1589年以降、方広寺大仏殿の正面を通ることから正面通、大仏正面通と呼ばれた。江戸時代、1686年頃、正面通と呼ばれるようになったともいう。中数珠屋町通(渉成苑-東本願寺)、御前通(東西本願寺間)とも呼ばれる。西に延びた正面通が東本願寺、渉成園で途切れていることについて、徳川家康の介在があったともいう。
◆六条河原 六条河原は、現在の五条大橋から正面橋にかけての鴨川の河原をいう。かつての河原は現在よりも広大だった。中世以降、戦場、刑場になり、数々の罪人が処罰された。
 平安時代、1159年の平治の乱では、源義朝と平清盛の戦が行なわれた。1183年、木曽義仲は天台座主明雲園城寺長吏慶法の首を晒す。1184年にその義仲の首もまた六条河原で受け取られた。安土・桃山時代、1600年の関ヶ原の戦いで敗れた石田三成は処刑された。
◆慶長の法難 江戸時代、1608年、日蓮宗妙満寺27世・日経は不受不施を説いたため、江戸幕府により捕らえられ、六条河原で耳・鼻削ぎの刑に処せられた。
 この「慶長の法難」により、関連寺院は取り潰され、不受不施は弾圧を受けた。
◆元和キリシタン殉教 正面橋東詰北側、川端通に面して「元和(げんな)キリシタン殉教の地」の碑がある。江戸時代、徳川幕府2代将軍・徳川秀忠は、二度目の「キリシタン禁令」(1613)を布告した。1619年、京都が大弾圧の地となる。
 下京区菊屋町(だいうす町=ゼウス、デウスの意)には、多くの信者が住んでいた。役人は信仰を棄てるように言い渡す。63人の信者が捕らえられ、小川牢屋敷に投獄されている。そのうちの8人は、劣悪な牢内の環境のために獄死した。
 10月6日、52人の信者は9台の荷車に載せられ、市中引き回しの刑を受けた。その後、方広寺と鴨川の間付近(六条河原西岸)で、27本の十字架にかけられる。 
 碑は、1994年に立てられた。2007年、ローマ法王庁は、日本の殉教者188人に「福者」(聖人に次ぐ地位で徳と聖性が認められた人)の称号を与えた。このなかに、京都の殉教者の名も初めて加えられた。「列福式」は2008年11月、日本で初めて長崎県で開催された。


*参考文献 『京都大事典』『京のキリシタン 史跡を巡る風は都から』『京都水ものがたり 平安京一二〇〇年を歩く』『鴨川・まちと川のあゆみ』


  方広寺     五条大橋     七条大橋     渉成苑     六角獄舎     一条戻橋     南蛮寺の礎石    耳塚     「元和(げんな)キリシタン殉教の地」の碑     「二十六聖人発祥の地」の碑            

正面橋から北東方向、左手の橋は五条大橋、右は比叡山

正面橋から南方向、橋は七条大橋

かつての六条河原辺り、正面橋

より大きな地図で 鴨川の橋 を表示

より大きな地図で 耳塚周辺 を表示
 正面橋 京都市東山区上堀詰町付近
   ホーム・京都風光  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp