高瀬川・一之船入跡 (京都市中京区)
Takase-gawa River

50音索引  Home 50音索引  Home

高瀬川、高瀬舟


復元された高瀬舟には、酒樽、米俵、炭俵などが積まれている。


高瀬川沿いの旧立誠小学校にある「角倉了以翁顕彰碑」

高瀬川にかかる押小路橋1940年架設


高瀬川沿、かつてこの辺りには、北條別邸・逍遙亭があった。


高瀬川夏祭りの灯ろう流し(8月下旬)


高瀬川舟祭り(9月下旬、一之船入付近)



四つの高瀬川
①高瀬川 本来の高瀬川(二条-九条or十条で鴨川に合流)
②東高瀬川 鴨川の東部分(深草-伏見港、宇治川に合流)
③新高瀬川(東高瀬川の南部分、疏水放流路以南-伏見港、宇治川に合流)
④西高瀬川(1863、桂川渡月橋-京川橋下流で鴨川に合流)


船入の場所 之船入(一之船入町) 二(下丸屋町) 三(恵比須町) 四(大黒町) 五(北車屋町) 六(紙屋町) 七(紙屋町) 八(船頭町) 九(天満町)





「史蹟 高瀬川一之舩入」の碑


北側、日本銀行京都支店門近くにある「高瀬川開墾者 角倉氏邸址」の碑。ここには与一が住んだ。名庭といわれた庭園には鴨川の水が引かれ噴水もあったという。角倉は近世京の三長者の一つ。与一は藤原惺窩に儒学を学び、林羅山、本阿弥光悦、俵屋宗達などの文人との交流もあった。
 この辺りには、長州、加州、対州、彦根屋敷、土佐屋敷などの藩邸が建ち並んでいた。


 鴨川の分流である高瀬川(たかせがわ)は江戸時代、嵯峨の豪商・角倉了以と息子・素庵により開削された運河をいう。完成当初は「新川」「角倉川」とも呼ばれた。後に高瀬舟の運行により、高瀬川と呼ばれるようになる。 
 現在、「一之船入跡」は国史跡に指定されている。
◆歴史年表 江戸時代、1611年-1614年頃、高瀬川は嵯峨の豪商・角倉了以、息子・素庵により開削された。
 近代、1920年、運河として利用されなくなる。
 1910年、高瀬川は1mほど埋め立てられ木屋町が拡張された。
 1917年、市の二条船溜埋め立て計画に対し、高瀬川保存同盟会が結成され反対運動が起きた。
 1919年、高瀬川暗渠計画では、高瀬川保存会(のちの高瀬川保勝会)などによる激しい反対の声が上がった。路面電車の木屋町線を拡幅する工事は、河原町通に変更された。
 1934年、高瀬川一之船入は国史跡に指定された。
 1935年、昭和10年鴨川大洪水後、高瀬川が鴨川に流入する地点は十条通付近へ移された。
◆角倉了以 室町時代-江戸時代の豪商・角倉了以(すみのくら りょうい、1554-1614)。京都生まれ。父の吉田宗桂は、家業の医者を営み、勘合貿易により薬も扱っていた。了以も家業を行い、1603年頃より、朱印船貿易を行う。1605年、1606年、大堰川開削工事を完成させた。1607年、富士川の疏通を完成させる。同年、天竜川の開疏は失敗した。1611年、高瀬川の開削を完成させる。了以は、朱印船(角倉船、800t)を使った御朱印船貿易(1603-1634)によるアジア諸国との交易で富をなした。豊臣秀吉の命により、大堰川を改修、保津峡に船を渡し、1606年、亀岡と京都間の木材輸送を拓いた。幕府の命により富士川、天竜川の改修なども行う。
 豊臣秀頼による方広寺大仏殿再建の際には、一時期(1585、1610)、鴨川運河(疎通)を利用して三条橋付近まで用材を運ぶ。鴨川運河、高瀬川の工事経費(高瀬川は7万5千両)、舟はすべて角倉家により負担された。高瀬川では、船賃の半分が独占的に角倉家の利益として入り、短期で資金回収した。了以、角倉家には、すでに琵琶湖水路の夢もあったという。墓は二尊院にある。
◆角倉素庵 安土・桃山時代-江戸時代の豪商・角倉素庵(すみのくら そあん、1571-1632)。与一。父・角倉了以、母・吉田栄可の娘の長男。1588年、藤原惺窩より儒学を学ぶ。後に林羅山を知り、二人を引き合わせる。本阿弥光悦より書を習う。後に「寛永の三筆」のひとりとされた。1599年、『史記』の刊行以降16101年頃まで、古典、謡曲を集めた角倉本(嵯峨本)を刊行する。1603年から、父・了以の安南国東京(インドシナ半島)との朱印船貿易に関わり、父の大堰川の開削など各所の工事を補佐した。1606年-1609年、甲斐、伊豆鉱山の巡視、大坂の陣(1614-1615)では船便による物資運搬に貢献した。1615年、幕府より高瀬船、淀川過書船支配を命じられ、山城の代官職に就く。1627年、隠棲した。墓は化野念仏寺、二尊院にもある。
◆高瀬川 高瀬川の運河開削以前の京都-大坂間の水運は、淀川-鳥羽間は舟便、鳥羽からは陸路により洛中まで運ばれていた。
 運河開削後、高瀬川は、二条通-樵木町(現在の木屋町)、伏見港まで総延長11.1㎞に及び、川幅8mがあった。当初は、九条-五条辺りまで開削し、その後、鴨川東岸-東高瀬川(深草、武田、伏見)、さらに二条まで延長された。総工費は7万5000両といわれ、角倉家の私財により賄われる。この運河により、近代、1920年まで、二条、伏見、大坂、瀬戸内との水運が300年以上にわたり確立した。
 高瀬川は、角倉川とも呼ばれ、川と舟の管理、運営は角倉家歴代がすべて担った。また、大堰川、淀川の権限も与えられた。了以の没後、子・素庵は、江戸幕府旗本になり、木屋町二条付近の3か所に川を管理するための屋敷を与えられる。角倉家は運送業社より手数料を徴収し、浜の税は負担していた。
◆高瀬舟 高瀬川は水深が一尺(約30㎝)と浅い。このため、杉材の底が平面で舷側の高い十五石積(2.25t)の「高瀬舟」(長さ13m、幅2m)が航行した。
 水路には7か所(後に9か所、江戸時代後期には再び7か所)の「舩入(船溜所、船入り)」が設置された。ここでは、荷の積み下ろし、舟の方向転換、上り下りの舟のやり過ごしが行われた。舩入では「運上」という通行税を徴収していた。
 七条には「内浜(うちはま)」とよばれる最大の船溜まりがあった。東西250mほどの掘割り浜で、1648年からの枳殻邸(渉成園)の建設などに合わせ、お土居の付け替え、高瀬川の流路変更も行われた。内浜の名は、お土居の内側に位置したことによる。1728年には、京都初の米市「七条米会所」(高宮町)が開かれた。
 高瀬川に架かる橋は、船と船頭が下を潜ることが可能なように、一段高く架けられていた。舟を操ったのは、岡山の日蓮宗徒だったという。
 淀川を上ってきた三十石舟は、一旦伏見港で高瀬舟に荷を積み替え、夜明けとともに数十の高瀬舟が綱で繋がり高瀬川を上ってきた。舟には船頭衆が1人乗り、加子(曳き子)2人は岸から舟に繋いだ綱を肩引きした。その際に「ホイホイ」と声を掛け合ったことから、高瀬舟は「ホイホイ舟」とも呼ばれた。昼頃に京都には着いた。下りは午後になり、竹竿を操った。高瀬川は川幅が狭く一方通行のため、互いに舩入でやり過ごした。最盛期には159隻の高瀬舟、曳き子も700人がいたという。
 上りの積荷は、米、酒、醤油、油、海産物、その他の食品、住居関係、生活用具、材木、薪炭など様々で、下りは大八車、箪笥、長持、鉄製品、商品などの加工品、農産物などだった。旅客の武士、役人、流人も運んだという。船賃は、伏見-二条間の上りが14匁8分、下りはその半分であり、すべて角倉家の収益になり、そのうちの銀200枚が毎年、大坂城に納められた。
 運河の開削当初から、屎尿が高瀬舟を使って伏見、宇治の農家に運ばれた。四条、伏見には取り扱う「糞問屋」があり、専用の船着場、「屎濱」が松原濱にあった。高瀬舟を利用した運搬は、明治期まで続く。
 江戸時代、高瀬舟には島流しされる罪人が乗せられている。この地から大坂松屋町の牢屋敷に送られ、さらに、薩摩、隠岐、壱岐、天草へと流された。
◆川沿い 高瀬川沿いには問屋や旅籠、料亭などが建ち並んだ。江戸時代中期には、二条-三条間に、川の両岸には生洲料理店が流行った。生きたままの川魚や鳥などが供された。
 周辺には舟入町、木屋町、米屋町、紙屋町、材木町、車屋町、船頭町、樵木(こりき)町など数多くの水運に関連する新しい町名も生まれた。
◆ゴミ 高瀬川に限らず河川はゴミ捨て場としても機能した。だが、船運の運行に支障をきたすとして、京都町奉行所は、1673年に塵芥を河川に捨てることを禁じた。さらに、洛中塵捨場を七か所(1695、1798)設けている。
◆近代以降 近代以降、新たな交通網が確立し、高瀬側の役割は急速に失われる。1877年に神戸・大阪-京都・七条間に鉄道が開設する。1894年には琵琶湖疏水・鴨東運河が開かれた。1895年に伏見-七条間に市街電車が開通した。1920年、高瀬川の水運は廃止されている。
 近代、1910年、高瀬川は1mほど埋め立てられ木屋町が拡張された。1917年、市の二条船溜埋め立て計画に対し、「高瀬川保存同盟会」が結成され反対運動が起きた。1919年、高瀬川暗渠計画では、「高瀬川保存会(のちの高瀬川保勝会)」などによる激しい反対の声が上がった。路面電車の木屋町線を拡幅する工事だった。路線は河原町通に変更されている。
 1935年、昭和10年鴨川大洪水後、高瀬川が鴨川に流入する地点は十条通付近へ移された。
 明治期(1868-1912)初期の木屋町二条周辺には、様々な近代的な施設が集中した。旧角倉邸(現日本銀行)付近には府営織工場、旧長州藩邸には府勧業課勧業場(1869)、府営製靴場(1873)、河原町通西の現在の京都市役所付近には、府勧業場栽培試験場(1873)などがあった。二条通北の鴨川沿い旧角倉馬場屋敷跡、旧京極別邸跡付近には、府営舎密局(1870)が置かれた。様々な事業展開が行われ、たとえば、ラムネ、コレラ菌を撲滅するといわれた飲料「リモナーデ」製造、清水寺音羽の滝近くに作られた麦酒醸造などがある。  
 現在の高瀬川は、淀川水系であり総延長 9.7kmある。二条大橋の南、西岸で、鴨川西岸を流れる「みそそぎ川」(賀茂大橋以南西岸で、鴨川から取水)から取水されている。かつて、さらに南の荒神橋南付近より取水されていたという。高瀬川は、鴨川の西、木屋町沿いを南下し、十条淘化橋の上流で鴨川に合流する。かつては、現在の鴨川合流点のさらに上流(九条付近)で、鴨川を一度横断し、伏見区深草福稲高原町付近より鴨川の水を取水し南下し、伏見港を経て宇治川に合流した。
 現在はここに、「東高瀬川(下流は「新高瀬川」という)」が流れる。これは、河川改修により鴨川の水位が下がったため、琵琶湖疏水(鴨川運河)、七瀬川の水を加えて水量を増し、南流させ、宇治川に合流させた。この東高瀬川も往時には高瀬舟が行き来した。
 なお、桂川の渡月橋付近から取水され、名神高速道路の南で鴨川に合流している「西高瀬川」は、1863年に開かれ、1870年に改修された。角倉了以が開削したとの伝承がある。高瀬舟の水路であり、丹波の木材、そのほかの物資を輸送していた。1884年以来、筏流しも行なわれた。昭和期(1926-1989)初期以降に水路の役割は終えた。
◆文学 高瀬川は、安楽死を題材にした森鴎外『高瀬舟』(1916)の舞台になった。
 江戸時代、病を苦に自死損ねた弟に請われ、楽にしてやりたいとの一念から幇助したことが罪に問われた男の話になる。暇乞いされた罪人・喜助は、京都町奉行同心・羽田庄兵衛により、高瀬舟で遠島のために大坂に護送される。鴎外は『高瀬舟縁起』中で、題材は『翁草』にあり、「ユウタナジイ」(安楽死)の問題、「財産の観念」を含んでいたことを書き残している。
 織田作之助『それでも私は行く』には、西木屋町が登場する。
◆映画 木屋町通、高瀬川界隈を舞台にした映画が撮影された。現代劇映画「夜の河」(監督・吉村公三郎、1956年、大映京都)、時代劇映画「古都憂愁 姉いもうと」(監督・三隅研次、1967年、大映京都)がある。
◆ホタル ゲンジボタルが生息している。
◆桜 現在、高瀬川沿いには柳や桜が植えられ、桜の名所になっている。
◆年間行事 茶会・ワークショップ(3月20日-4月10日)、高瀬川舟まつり(高瀬舟の試乗、先斗町舞妓のお茶の接待、撮影会など。)(9月23日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京の鴨川と橋 その歴史と生活』『京都絵になる風景』『京都の自然ふしぎ見聞録』『京都府の歴史散歩 上』『意外と知らない京都』


  角倉了以別邸跡(がんこ高瀬川二条苑)      大悲閣(千光寺)      桂川                  


御池下ル

二条大橋西岸南の分流点、左が高瀬川、手前がみそそぎ川




高瀬川、水の堰止め石、御池通下ル
浅い高瀬川の水位調整のための堰で、板を差し入れる石が3個一列に並んでいる。

高瀬川、水の堰止め石、水量不足の場合には、ここに板をさして堰止めし、水深を上げて航行した。

料亭「がんこ高瀬川二条苑」にある「角倉了以の別邸」の碑、庭園には、みそそぎ川から高瀬川へ流れ込む水が利用されている。庭は、小川治兵衛の作庭による。

がんこ高瀬川二条苑、江戸時代、1611年、角倉了以(1554-1614)により造られた庭は、明治の元勲山縣有朋(1838-1922)の別邸「第二無鄰菴」となり、日銀総裁・川田小一郎(1836-1896)、首相・阿部信行(1875-1953)などが所有した。

がんこ高瀬川二条苑にある「高瀬川源流庭苑」、鴨川から取水され、みそそぎ川を経ており、水量もかなりある。その季節には蛍も飛び交うという。奥が高瀬川。ムク、楓などが植えられている。2600㎡。

高瀬川源流庭苑、高瀬川の源流部、奥がみそそぎ川。鴨川から取水された水は、みそそぎ川となって鴨川本流の西岸を南下し、二条大橋下流から西へ折れ、がんこ高瀬川二条苑を西進して高瀬川へ向かう。

「高瀬川源流庭苑」、書院風座敷、秀吉好みの金の茶室と同じ形式という茶室、江戸時代初期小堀遠州作庭の茶庭もある。

高瀬川西、町屋の家並

高瀬川西、廣誠院

南側、高瀬川沿い(川向)にある「佐久間象山、大村益次郎遭難の地」の碑いずれも花崗岩。川の周辺には、幕末の様々な事件の史蹟、石標など数多い。

高瀬川近くにある坂本龍馬ゆかりの「酢屋」

島津製作所創業之地


北側にある島津創業記念資料館、島津創業記念資料館は、1975年に創業100年を記念して島津製作所の創業の地に開設された。創業者の島津源蔵は、かつて鍛冶屋だった。舎密局(せいみきょく)に出入りし、お雇い外国人ワグネル博士の下で、教育用理化学機器を修理、その後製造販売した。
最先端の化学の研究・教育が行われた舎密局は、1869年に大坂に開設され、その後、理学校、理学所、第三高等学校、京都大学へと引き継がれた。舎密局の分局は、1872年に旧角倉邸馬場跡に建てられている。

高瀬川沿いに建つ、気鋭の建築家・安藤忠雄設計によるタイムズビル

(c)京都鴨川風光

より大きな地図で 京都幕末地図 を表示
平安京オーバレイマップ
 高瀬川
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp