売茶翁の碑(売茶翁没後二百五十年記念碑)  (京都市左京区)
stone monument of Baisao

50音索引  Home 50音索引  Home




 鴨川にかかる北大路橋の東詰北に「売茶翁没後二百五十年記念碑」が立てられている。江戸時代の伝説的な僧・売茶翁(ばいさおう/まいさおう)は、煎茶の茶神といわれた。
◆碑 2013年、売茶翁没後二百五十年を記念し、煎茶道関係者「売茶翁没後二五〇年記念事業実行委員会」により「売茶翁没後二百五十年記念碑」が建立された。
 碑文には「遊鴨河煮茶/担茶具出蝸舎/択檻泉遊鴨河/鼎裏非人間味/神仙何覓瑶池
 売茶翁高遊外 黄檗亘令書 印で黄檗山主 亘令」とある。
 「鴨河に遊び 茶を煮る/茶具を担い蝸舎(かしゃ)を出(い)で/檻泉(かんせん)を択(えら)んで 鴨河に遊ぶ/鼎裏(ていり)人間(じんかん)の味に非ず/神仙何(なん)ぞ瑶池(ようち)を覓(もと)めん/売茶翁高遊外(ばいさおうこうゆうがい)」。
 副碑文には「売茶翁高遊外(一六七五~一七六三) 名は高遊外、人は売茶翁と呼んだ。江戸時代、佐賀県蓮池に生まれ、十一歳で出家、黄檗宗僧侶から五十七歳で還俗、京に上る。鴨川畔など風光明媚なところで往来に茶を振舞う。翁を慕い池大雅や伊藤若冲などの文人が集い文化サロンを形成。お茶を急須で淹れる方式が評判となり、その後煎茶が全国に普及した。その精神世界は後に煎茶道の世界に受け継がれている。」
◆売茶翁 江戸時代の黄檗宗の僧・売茶翁(ばいさおう/まいさおう、1675-1763)。肥前生まれ。鍋島家殿医の子。11歳で出家、肥前・龍津寺の化霖道竜に師事。13歳で師とともに宇治・黄檗山萬福寺の独湛性瑩(どくたん しょうけい)に師事、偈を与えられる。22歳で病になり、諸国歴遊後、陸奥仙台・万寿寺で月耕道稔に参じる。その後、肥前の師のもとに戻り14年間仕えた。師没後、1732年、上洛、61歳で東山に煎茶の喫茶店「通仙亭(つうせんてい)」を開く。70歳で帰郷、還俗後は高遊外(こうゆうがい)と自称し、「売茶翁」とも呼ばれた。1755年、売茶業を廃業、揮毫を行う。蓮華王院の南、幻々庵で亡く なる。煎茶の中興の祖、本朝煎茶の茶神とも呼ばれた。
 伊藤若冲、池大雅、与謝蕪村、小野蘭山、大典顕常、木村蒹葭堂らと親交あり、彼らは売茶翁を描いている。萬福寺に木彫の座像がある。相国寺の大典顯常と知りあい、大典は伝記『売茶翁伝』を記した。 


*参考文献 説明板、『若冲の花』


  関連・周辺      周辺      関連萬福寺(万福寺)(宇治市)      関連林光院〔相国寺〕        
売茶翁没後二百五十年記念碑 〒 京都市左京区下鴨半木町(北大路橋東詰) 

より大きな地図で 売茶翁没後二百五十年記念碑 を表示
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp