柊野ダム (京都市北区)
Hiiragino Dam

50音索引  Home 50音索引  Home

庄田橋から見た北方向、柊野砂防堰堤




中央の丸い小山が神山
◆砂防堰堤 柊野ダムは、鴨川の上流(上賀茂北ノ原町、西賀茂樋ノ口町)にあり、正式名称は「柊野砂防堰堤」という、砂防ダムとなっている。ダムは京都府が管理している。高さ7m、長さ96m、水深2m、計画貯砂量15万立方メートル、流域面積121.7キロ平方メートル、堰堤型式は重力式で、コンクリートの質量によるダム自重で水圧に耐えている。 
 堰堤は、「昭和十年鴨川大洪水」(1935.6)の後に改修された砂防堰堤で、谷の上流からの土砂の抑制と、河道の安定のために1940年に完成した。
 砂防堰堤の役割は、土砂災害の防止のためにある。土石流の防止、流出土砂量の調整、地すべり防止などの役割を担っている。柊野ダムはすでに満砂しているが、土砂量の調整、河床勾配を緩やかにすることにより、河床の侵食を防ぐなどの機能を果たしている。
◆鴨川大洪水 「昭和十年鴨川大洪水」では、二回の豪雨により、桂川、天神川など他の河川の洪水もあわせて市内の各所が冠水し、多くの橋が流出した。鴨川に当時架かっていた41の橋のうちの32(20とも)が流され、犠牲者も出ている。
 被害が拡大したのは、前年の室戸台風で山林での倒木が相次ぎ、山が荒れていたことも一因に挙げられている。
 翌年から、11年間にわたる大規模な鴨川河川改修工事が行われ、砂防堰堤なども造られた。その後鴨川では、洪水による大きな被害は出ていない。
◆アウトドア 一帯は、アウトドア派の人気を集めている。堰の上流には柊野運動公園も整備されている。
◆神山 堰堤の東に、上賀茂神社のご神体の神山(こうやま、301.5m)を望むことができる。神の鎮座する神奈備山(かんなびやま)として円錐形をしている。山は禁足地(立入禁止)になっている。


  中津川砂防堰堤      神山     鴨川源流・支流の河川(雲ヶ畑)      雲ヶ畑界隈      洛北発電所     鴨川最下流     鴨川公園             

堰の上流周辺

*略図であり、縮尺は正確ではありません。
 柊野ダム  京都市北区西賀茂上庄田町

より大きな地図で 柊野ダム  を表示
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp