建仁寺 (京都市東山区)
Kennin-ji Temple 

ホーム・京都風光   ホーム・京都風光


勅使門(重文)









はん(サンズイ+半)池といわれる左右対称の池に反りのある桁行形式の石橋が架かる。俗世から聖地に入る境界を意味する。




三門「望闕楼」


三門、「望闕楼」の扁額、4代・竹田黙雷(宗淵)筆。








本坊(重文)、庫裏、1818年建立、切妻造。



法堂(はっとう、ねん華堂、*「ねん」は手扁に占)





法堂内天井画の小泉淳(1924-)筆、水墨画の「双龍図」(11.4m×15.7m、畳108枚に相当)













東の鐘(陀羅尼鐘)、17世紀中頃建立。もうひとつの鐘楼も同時代に建立された。


開山堂楼門(宝陀門、宝陀閣)、客殿、経蔵、開山塔がある。(非公開)。




浴室(非公開)















方丈(重文)






方丈前庭の「大雄(だいおう)苑」、中国の百丈山から名を取った枯山水の庭園は、白砂、緑苔、巨岩により構成されている。白砂は押し寄せる白波にもたとえられる。左の建物は法堂。




西南角の茂みの中に七重の塔がある。織田有楽斎が兄の信長追善のために立てた。開山堂の南から江戸時代、1898年に移された。



方丈の西庭













照霊


方丈の北庭

 祇園の花街に隣接する建仁寺(けんにんじ)は、京都最古の禅寺になる。
 「けんねんじ」「けんねんさん」とも呼ばれている。京童の囃子言葉として「建仁寺の学者面、学問面」ともいわれた。山内に12塔頭、山外に3塔頭がある。同派寺院は全国に100か寺ある。山号は東山(とうざん)という。  
 臨済宗建仁寺派大本山。本尊は釈迦如来。
 京都五山の第三位。
◆歴史年表 鎌倉時代、1202年、栄西を開山とし、鎌倉幕府第2代将軍・源頼家の援助を得て、六波羅探題に近接する幕府直轄領(旧平氏館跡地、六波羅探題、四条以南、五条以北、鴨川以東、東山以西)に開山された。建仁寺の寺名は、第83代・土御門天皇の勅許により、禅寺初の年号寺院になる。当初は、真言、止観という二院を置き、天台宗別院とされた。比叡山延暦寺、真言宗に配慮し、真言(密)、天台(止観、円)、禅門の三宗の兼学になっていた。(『帝王編年記』『元亨釈書』『沙石集』)
 1204年、武将・佐々木定綱は自ら車を曳き、僧堂の基礎工事に加わる。(『帝王編年記』)。僧堂、重閣講堂、真言院、止観院が建立された。
 1205年、中国百丈山を模し伽藍竣工となる。官寺の扱いになる。(『武家年代記』裏書)
 1214年、比叡山を下りた道元は建仁寺に栄西を訪ねる。
 1215年、栄西が建仁寺で没する。(『沙石集』)。鎌倉・寿福寺だったともいう。
 1217年、道元は明全につく。
 1228年、宋より帰国した道元が住した。
 1240年、済翁証救8世が入寺、法観寺を禅寺とする。
 1246年、二階堂(講堂)が焼失した。(『百錬(練)抄』)
 1247年、焼失したという。
 1256年、焼失し、荒廃する。(『一代要記』)
 1258年、東福寺開山・円爾(えんに)弁円が10世になり、仏殿、雲堂(僧堂)を復興した。(『元亨釈書』)
 1259年、宋よりの11世・蘭渓道隆の時、兼宗禅から臨済禅道場に改められる。
 1265年、蘭渓道隆により臨済禅寺になる。寺名は、「仁」を避け、「建寧寺」と改名する。
 1278年、焼失する。
 1305年、方丈が再建になる。
 1327年、禅居庵は清拙正澄将来の魔利支天像を祀る。
 南北朝時代、1334年、建武政権により京都五山の第2位の初の格付けになる。浴室を修造する。清拙正澄は十境を新成する。
 1334-1335年、石梁仁恭が興雲庵を創建する。
 1340年(1341年とも)、武将・佐々木高氏により妙法院が放火され、建仁寺の輪蔵、開山堂、塔頭・瑞法庵などが類焼する。(『中院一品記』『太平記』)
 1341年、1342年とも、幕府により京都五山の第4位になる。
 1342年、塔婆が再興される。
 1342-1345年、東海竺源は大中庵を創建する。
 1346年、海雲は高山慈照を開基として霊洞院を創建する。正仲は高山慈照を開基として堆雲軒を創建する。  
 1348年、赤松円心は大龍庵を創建する。
 観応年間(1350-1352)、青山慈永は大統院を創建した。
 1355年、天潤庵が焼失し、「景徳伝燈録」の板の大半を失う。
 1358年、足利義詮により京都五山の第4位になる。
 1362年、中巌円月は万寿寺境内の妙喜世界を移す。
 1363年、43世・青山慈永は、初の法堂を造営し、伽藍の修造も行う。
 応永年間(1368-1375)、聞渓良聡が大昌院を創建する。
 永和年間(1375-1379)、蘭洲良芳が清住院を創建した。
 1380年、僧堂を修理する。義堂周信が住する。京・鎌倉五山の一寺になる。(円覚寺文書)
 1386年、3代将軍・足利義満により京・鎌倉五山位が決まり、建仁寺は京都五山の第3位に列せられた。(「円覚寺文書」)。ただ、延暦寺側は天台別院とした。
 室町時代、最盛期に塔頭50あまりあり、黄竜派、諸派の僧が集まり「学問づら」と呼ばれた。
 1394年、一庵一麟が霊源院を創建した。
 1397年、焼失した。(『如是院年代記』)。一庵一麟は祖塔を修復する。
 1407年、仏殿が再建される。
 1410年、「建仁寺法式条々」を制定する。
 1419年、「建仁寺法」「山門条々規式」を制定する。
 1435年、諸塔頭を焼く。
 1440年、塔頭、法観寺八坂塔の落慶法要が催される。
 1442年、祖塔が修造される。
 1443年、塔頭を焼失した。
 1456年、足利義政は雪巌氷嵩らを高麗国に派遣し建仁寺修復の援助を請う。
 1458年、諸堂が修理される。足利義政は、雪巌氷嵩らが請来した高麗蔵経を方丈で閲覧する。
 1461年、足利義政の命により、建仁寺僧が五条橋上で飢餓死者の追善法要を行う。
 1465年、洪水により諸堂が被災する。食事案内の沙弥喝食(しゃみかっしき)が抗議、蜂起する。
 1467年、塔頭、八坂塔が炎上する。
 1469年、応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失した。再興には町衆が支援している。焼失を免れたともいう。
 1480年、祖塔が修造される。
 1481年、焼失している。
 1488年、清住院が夜盗により焼失する。
 1493年、福聚院が今熊野より移築される。
 1514年、月舟寿桂により開山300年遠忌が修され、諸堂が修理される。
 1521年、一華院が創建された。
 1524年、狩野元信は「仏涅槃図」を寄進する。
 1547年、織田信秀は魔利支天堂を再興した。
 1552年、三好長慶・細川晴元の兵火により仏殿、方丈、法堂、寝堂、三門、三重塔、僧堂、五頭首、維那寮(いなりょう)など多くの塔頭も焼失した。(『読史愚抄』『言継卿記』)
 1554年、方丈再建になる。
 1564年、普光庵が再建される。
 安土・桃山時代、天正年間(1573-1592)、安国寺恵瓊(あんこくじ えけい)により再興された。
 1586年、豊臣秀吉は寺領820石(825石とも)を寄進した。(「坊目誌』)
 1596年、十如院が再建される。
 1597年、進月正精は禅居庵を再建する。
 1598年、入定塔、法堂、祖塔を修造する。
 1599年、文禄年間(1592-1595)とも、恵瓊は安岐・安国寺より方丈を移築し再建した。海北友松が北条に障壁画を描く。
 江戸時代、1604年、豊臣秀吉の七回忌豊国社臨時祭において、神官は200騎で建仁寺より豊国社に向かった。
 1608年、奥平信昌が三江紹益を開基として久昌院を創建する。
 1614年、徳川家康が寺領820石を安堵する。(朱印状)
 1615年、古澗慈稽、三江紹益、利峰東鋭が硯学になる。
 1616年、1618年とも、織田有楽は正伝院を再興する。
 1619年、浴室の立柱が行われる。
 1628年、三江紹益により浴室が再建される。
 1633年、永源寺が再興された。
 1637年、大統院が再興される。
 1635年、徳川幕府による「五山十刹諸山之諸法度」により、寺院の保護と統制が行われた。朝鮮修文職を、天龍寺などと共に輪番制で務めた。
 1637年、長谷川守尚が古澗慈稽により大統院を再興する。
 1652年、諸塔頭が再興される。
 1653年、「当寺規範」が制定された。清住院が再興になる。
 1661年、「当寺規範」が制定された。
 1664年、顕令通憲は開山塔を修理、開山祖像を新彫し開眼法要を行う。
 1669年、鐘楼が創建される。
 1713年、法堂祖師像の祖師像新彫安座点眼法要が行われる。
 1730年、如是院が焼失する。
 1736年、方丈の屋根瓦を修造する。
 1754年、北かん道爾が祖塔を修復する。
 1765年、法堂が建立される。
 1783年、蛭子社が再建になる。
 1788年、天明の大火では門前から出火した。
 1789年、興雲庵を焼失する。
 1780年、興雲庵が再興される。
 1814年、法堂が修造される。
 1837年、宝蔵を焼失する。
 1850年、鎌倉・寿福寺祖塔再建のため、本山、塔頭が各100両を寄進した。
 1853年、全室慈保は霊洞院を再興する。
 1860年、江戸城本丸再建のために、銀100枚を上納する。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈により、塔頭の統廃合が行われ、34院が14院になる。皇室へ金100両を献金する。
 上知令(1871、1875)により、寺領の没収により半減(23477坪)している。
 1872年、京都五山、大徳寺、妙心寺は七派と称し、建仁寺派と称した。初代管長には荊叟東ぶん(王+文)が就く。京都博覧会(80日間)の会場の一つになる。
 1873年、霊源院、正伝院、福聚院、清住院の境内は上知になる。
 1876年、臨済宗の諸派から建仁寺派が独立し、建仁寺は総本山になった。京都府は建仁寺の福聚院を借上げ療病院の仮駆梅院を開設した。
 1877年、妙心寺・玉龍院より開山堂客殿を移す。
 1884年、開山堂が竣工される。
 1885年、妙光寺の宝陀閣を移築し、祖塔楼門とする。
 1891年、霊洞院を僧堂常住、護国院を禅堂にする。
 1897年、境内に仏教中学校を創設する。
 1898年、僧堂・大悟堂が再建される。
 1913年、献茶式が始まる。
 1921年、茶席「東陽坊」が開山堂北より現在地に移される。
 1923年、安寧寺の三門を移築、望闕楼を再興する。
 1924年、大統院が焼失する。三門の落成法要が催される。
 1930年、大統院本堂の落慶法要が行われる。
 1934年、室戸台風のため方丈が倒壊する。ほかの伽藍にも被害がある。
 1940年、方丈が再建される。大書院、隠寮が建立される。
 現代、1953年、勅使門の解体修理が行われる。
 1964年、納骨堂の落慶法要が行われる。
 1973年、禅居庵本堂が焼失する。
 1975年、茶室「東陽坊」が解体修理される。
 1976年、茶室「東陽坊」の落慶法要が行われる。
 1991年、放生池の改修が行われる。
 2002年、浴室が修復され、落慶法要が行われる。日本画家・小泉淳作の法堂天龍図「双龍図」の開眼法要が行われる。
 2009年、綴プロジェクト(文化財未来継承プロジェクト)」は、高精細複製の海北友松筆「年雲龍図襖」を同寺に寄贈した。
 2011年、綴プロジェクト(文化財未来継承プロジェクト)」は、高精細複製の海北友松筆「雲龍図襖」「花鳥図襖」「花鳥図襖」、俵屋宗達「風神雷神図屏風」を同寺に寄贈する。
 2012年、綴プロジェクト(文化財未来継承プロジェクト)」は、高精細複製の海北友松筆「竹林七賢図襖」「山水図襖」を同寺に寄贈した。
 2013年、綴プロジェクト(文化財未来継承プロジェクト)」は、高精細複製の「琴棋書画図襖」「山水図襖」を同寺に寄贈する。
◆栄西 鎌倉時代の臨済宗の僧・栄西(えいさい/ようさい、1141-1215)。備中(岡山県)の吉備津神社の社家・賀陽(かや/かよう)氏に生まれた。幼名は千寿丸。千光祖師ともいわれる。天台宗の安養寺の静心につく。11歳で安養寺・静心に師事、1153年、13歳で比叡山に上り、1154年、出家し栄西と称した。1157年、法兄・千命により密教を学ぶ。1159年、比叡山北谷八尾の竹林房、顕教の有弁に学ぶ。比叡山を下り、1167年、故郷の安養寺で灌頂を受け、備前・金山寺、日応寺、伯耆の大山寺で行を行う。1168年、宋船で宋に半年間留学し、天台山、阿育王山で臨在禅に触れる。現地で東大寺の重源と遭う。台密葉上流を開く。1175年より、今津の誓願寺に住した。1185年、第82代・後鳥羽天皇の勅により神泉苑で祈雨修法を行う。葉上(ようじょう)の号を贈られる。1187年、再び南宋に入宋するが、念願したインド行きはかなわなかった。天台山、天童山に入り、大蔵経を三度読破する。臨済宗黄竜派、万年寺の虚庵懐敞(きょあん かいへい)に禅を学び、印可を得た。1191年、帰国し臨済宗を開宗した。1192年、筑前に報恩寺を建てた。平戸の庵(後の千光院)で日本初の臨在禅(禅規)を行う。1194年、栄西、達磨宗の大日能忍らは、延暦寺衆僧により、禅宗弘法を禁じられた。やむなく、1195年、日本初の禅寺・聖福寺を博多に建立した。臨済禅は公家に拮抗する鎌倉幕府、2代将軍源頼家に信を得る。1199年頃、鎌倉に移る。1200年、北条政子発願により鎌倉・寿福寺を開く。源頼朝一周忌の導師を勤めた。1202年、幕府の外護により建仁寺などを建立、重源を継いで、1206年、奈良・東大寺の僧正にも就いた。1208年、法勝寺再建にも関わる。1211年より、宋より帰国した泉涌寺開山・俊じょうを建仁寺に招き律学を講じさせた。1213年、権僧正。日本臨済宗千光派の祖。鎌倉の寿福寺で亡くなったとも、建仁寺で亡くなったともいう。境内、開山堂に栄西を祀る。建築を学び、『喫茶養生記』(1214)を著し茶を勧めた。門弟2000人、孫弟子1万人にものぼったという。
 栄西の禅は、天台僧として禅を末法の教えとし、禅による天台宗の復興を唱えた。戒律自主厳守の斎戒勧進を勧める。『興禅護国論』(1198)では、末法の世で戒律の重要性、最澄が伝えた禅の復興を主張した。人は仏性を本性とするとした。禅は他宗教義を否定するのではなく、天台の摩訶止観を引き継ぐものとし、天台、密教、禅の統合を試みた。栄西の建仁寺は、天台、真言より禅宗への過渡的な役割を果たしたといわれている。
◆明全 鎌倉時代前期の臨済宗の僧・明全(みょうぜん、1184-1225)。伊賀の蘇我氏末裔。号は仏樹房。
 8歳で延暦寺横川般若谷の杉井房明融に師事した。16歳で東大寺の具足戒牒を持ち、1200年、比叡山で登壇受戒した。30歳過ぎで建仁寺の栄西に師事した。1223年、弟子・道元、亮照(加藤四郎左衛門景正)、廓然(木下道正)らを伴って宋に渡り、景福寺の妙雲、栄西の師・太白山景徳寺の無際了派のもとで学んだ。だが、天童山で病に倒れ了然院(寮)で亡くなる。
 弟子の道元とは師弟関係が9年あり、天台教学・黄竜派の禅・戒律などを教えた。明全没後、道元が宋より遺骨を持ち帰る。道元は『舎利相伝記』を著し、明全の戒牒に奥書を記して永平寺に納めた。現在、建仁寺開山堂前庭に明全塔(五輪塔)が立ち遺骨が納められている。
◆道元 鎌倉時代の曹洞宗開祖・道元(どうげん、1200-1253)。承陽大師。父・内大臣源(土御門)通親、母・太政大臣・藤原(松殿)基房(もとふさ)の三女・伊子(いし)の間に生まれた。誕生地は、宇治木幡の松殿家山荘という。その後、久我の地に引き取られたとみられる。1203年、父を亡くす。1207年、母を亡くす。1208年、叔父・師家は、松殿家の養子に迎え入れようとするがそれを断る。1212年、母の弟・比叡山延暦寺の良観法印の庵に入り、横川般若谷、千光谷に住した。1213年、座主・公円のもとで菩薩戒を受ける。1214年、比叡山を下り、園城寺の母方縁者・公胤(こういん、47世長吏)の門を敲く。公胤の勧めにより1217年、臨済宗の建仁寺に移り栄西、その高弟・明全に学ぶ。1223年、師・明全と共に宋に渡る。天童山・景徳寺で無際了派に学ぶ。杭州、台州を遍歴。1225年、明全が亡くなる。曹洞宗・長翁如浄に師事し曹洞禅を学んだ。1227年、如浄の法統を得て帰国、1228年、建仁寺に入る。建仁寺で日本初の坐禅儀『普勧坐禅儀』を書く。禅は釈迦の正法としたため、比叡山衆徒による迫害を受け、1230年、深草・安養院に閑居する。1233年、深草・極楽寺に修行道場の観音導利院(後の興聖宝林禅寺)を建立する。天台宗の圧力はやまず、1243年、越前に逃れ、1244年、大仏寺(後の永平寺)を開いた。1247年、鎌倉幕府執権・北条時頼に請われ下向、1252年、病になり、翌年、京都の俗弟子・覚念の邸で亡くなったという。
 道元は、無限の修行を成仏の本質とする「修証一如」、坐禅に打ち込むことこそが最高の修行とする「只管打坐」(しかんたざ)などを唱えた。6篇の禅院での修道規則「永平清規」も定めた。仏法の正門は座禅にあるとした『正法眼蔵』95巻(1230-1252)を著した。
 道元は、禅こそ釈迦に伝えられた正法とした。無限の修行を成仏の本質とする「修証一如」、坐禅に打ち込むことこそが最高の修行とする「只管打坐」(しかんたざ)などを唱えた。6篇の禅院での修道規則「永平清規」も定めた。著書に仏法の正門は座禅にあるとした『正法眼蔵』95巻(1230-1252)を著した。現在、境内に顕彰碑が立つ。伊達冠石3石からなり、栄西、明全、道元を表す。
◆蘭溪道隆 鎌倉時代中期の臨済宗の僧・蘭溪道隆(らんけい どうりゅう、1213-1278)。南宋の生まれ。大覚派の祖。諡号は大覚禅師。13歳で成都・大慈寺で出家し、江南の無準師範、痴絶道冲、敬叟居簡らに参じ、平江府・陽山尊相禅寺・無明慧性の法嗣。1246年、入宋していた泉涌寺僧・月翁智鏡により門弟とともに来日した。筑前・円覚寺、泉涌寺・来迎院、鎌倉・寿福寺などに寓居した。執権北条時頼の帰依を受け、1249年、時頼が建立した建長寺の開山になる。1259年頃、建仁寺住持となり、兼学から禅の寺風に改めた。1261年頃、鎌倉に戻り寿福寺、鎌倉・禅興寺、1265年、建長寺に再住。文永年間(1264-1274)、蒙古間諜との嫌疑により甲斐・東光寺に配流、赦され寿福寺に住し、1274年頃、再び甲州に配流、その後、寿福寺に戻り、1278年、建長寺に帰り主席、同寺で没した。建長寺・西来院に塔じられる。門流は大覚派と呼ばれた。遺著『大覚禅師語録』など。
◆安国寺恵瓊 安土桃山時代の僧・安国寺恵瓊(あんこくじ えけい、?-1600)。安芸国の守護武田家に生まれた。安芸国安国寺・竺雲恵心に師事、1569年、備後・安国寺の住持、使僧(外交顧問)として毛利氏と京都の調停に当たる。1573年、足利義昭と織田信長の争いでは義昭に付く。1582年、豊臣秀吉の備中高松城攻めでは双方の講和に入る。その後、秀吉の使僧として四国平定により、伊予国に所領を与えられ大名になる。文禄・慶長の役(1592-1598)にも加わる。石田三成に与し、毛利家内の吉川広家と対立、1600年、関ヶ原の戦では西軍敗北に伴い六条河原で斬首になる。東福寺退耕庵主、1598年、東福寺224世・住持、1600年、南禅寺住持、建仁寺再興に際しては、住持をしていた安芸・安国寺方丈、東福寺仏殿を移し、それぞれ方丈と仏殿にあてた。
◆東陽坊長盛 安土・桃山時代の天台宗の僧・茶人・東陽坊長盛(とうようぼう ちょうせい、?-1598)。真如堂東陽坊住職。号は宗珍。茶は千利休に学び逸足(いっそく)として詫び数寄に名がある。薄茶の先達とされ、秀吉の臣に初めて廻し飲みを行う。黒茶碗「東陽坊」を所持した。楽の初代・長次郎作であり、長次郎七種の一つ。84歳。
 北野大茶会で建てた茶室「東陽坊」は建仁寺方丈裏庭に移され現存する。
◆海北友松
 安土・桃山時代-江戸時代の画家・海北友松(かいほう ゆうしょう、1533-1615)。海北派の始祖。近江に生まれる。父は浅井長政家臣・海北綱親の五男(三男とも)。3歳で家滅び、東福寺で出家、狩野永徳(元信とも)に絵を学ぶ。梁楷(りょうかい)など宋、元水墨画風に影響を受ける。減筆法を拓く。豊臣秀吉に認められた。40歳過ぎで還俗した。1582年、山崎の戦で敗れて処刑された友人の斎藤利三処刑後、その妻子(子はのちに徳川家光の乳母春日局)の面倒を見た。1602年頃、八条宮智仁親王、後陽勢天皇の御用を受ける。作品は建仁寺本坊方丈「山水図」、妙心寺「花弁図屏風」など。 
◆俵屋宗達
 安土・桃山時代-江戸時代前期の画家・俵屋宗達(たわらや そうたつ、?-1637?)。詳細不明。京都西陣唐織屋の蓮池家分家、また、別家喜多川家の一族の生まれともいう。屋号「俵屋」として絵屋、扇屋を興す。琳派の創始者。烏丸光広、本阿弥光悦 らと親交があった。下絵や扇面画の作画工房「俵屋」を営み、自らも制作した。1602年、『平家納経』の一部の表紙と見返し絵の制作、1621年、養源院襖絵、杉戸絵制作、1630年、法橋の位を得る。金銀泥絵から考案した「たらし込み」、輪郭線を墨の濃淡で表現する「没骨法」などを駆使した。
◆金澤翔子
現代の書家・金澤翔子(1985-)。東京生まれ。生後すぐにダウン症と診断される。1990年、母であり書家・金澤蘭風に師事、16歳、17歳で日本学生書道文化連盟展で連続金賞受賞。建仁寺に「風神雷神」を奉納した。
◆建立逸話 寺院の創建に際しては、土御門天皇による勅許が下りた。ただ当初は、禅僧の纏う大袈裟や大衣が都に異風を起こし、大風の被害もそのせいだと噂になり、僧の都よりの追放が叫ばれた。朝廷により追放宣旨が出される。
 栄西は少しも動じず、寺院建立の用材を買い求めるように指示し、抗弁書を提出した。風は天が成すことであり、栄西という人間に風を起こすことは出来ない。その風神ではない栄西が風を起こすのであれば、人以上の存在である。そうであるならば、その栄西を天子が見捨てることはないと記した。天皇は、栄西が禅寺の建立を願い出るとすぐに許可したという。(無住『沙石集』)
◆仏像・木像・肖像 法堂正面須弥壇に、室町時代作、本尊・「釈迦如来坐像」は、16世紀後半に越前・弘祥寺より遷されたものという。1677年に補修されている。禅定印、結跏趺坐。脇侍に「阿難尊者立像」、「迦葉尊者立像」を安置する。脇壇祖師堂に栄西像、土地堂に伽藍神の張大帝(中国廬山・帰宗寺より勧請)を安置する。
 方丈の江戸時代作の「十一面観音菩薩坐像」は、東福門院(1607-1678)により寄進された。結跏趺坐、右手は与願印、左手に水瓶。
 書院に近代、1923年に山本瑞雲作の「釈迦如来坐像」。「十六羅漢像」は、一木造、素地仕上げ、かつて三門に安置されていた。
 開山堂(相の間)の真室に江戸時代、1664年作の七条仏所・大仏師左京法橋康乗作の「栄西坐像」。その前右壇上に江戸時代、1753年、辰巳蔵之丞作の鎌倉時代幕府2代将軍の束帯坐像の「源頼家像」(1182-1204)、左に碑、手前相の間に祀られる巨石は、栄西が入定(即身仏)した地という。
 南北朝時代作の「中巖円月坐像」(京都府指定文化財)は、霊源院蔵。円月(1300-1375)は42世。
 鎌倉時代作の自賛「闡堤正具像」(重文)は大中院蔵。正具(?-1329)は、八坂法観寺4世。
 平安時代作の「薬師如来坐像」(重文)は、本堂の本尊として厨子内に祀られていた。昭和期、薬師堂に遷された。右手は施無畏印、左掌上に薬壺を載せる。
 三門楼上には「釈迦如来」、「迦葉・阿難両尊者」、「十六羅漢」が安置されている。
◆五山 五山は、京都五山・鎌倉五山と呼ばれ禅宗(臨済宗)の主要寺院をいう。
 五山は、京都五山・鎌倉五山と呼ばれ禅宗(臨済宗)の主要寺院をいう。
 五山制度はインドに由来し、中国では五山、その下に十刹、35か寺の諸山が置かれた。日本では鎌倉時代末に、当初は鎌倉五山として採り入れられた。南北朝時代に京都の寺院も入るようになる。1341年に5か寺の定めが崩れ、1386年以降は、京都五山が鎌倉五山より優位に立った。室町時代に官寺の制度として確立した。1410年以降、京都五山の第1位は天龍寺、第2位は相国寺、第3位は建仁寺、第4位は東福寺、第5位は万寿寺、五山の「上」に南禅寺が置かれた。
 建仁寺は、鎌倉幕府の五山制度では、鎌倉4寺とともに、建仁寺が「五山」として含まれていたとみられる。京都五山のうち、室町時代、1334年に第1位、1341年に第4位、1358年に第4位、1386年に第3位に列せられた。ただ、延暦寺側は天台別院としていた。
◆五山僧 江戸時代、徳川幕府による「五山十刹諸山之諸法度」(1635)は、寺院の保護と統制が目的とされた。五山僧は碩学と呼ばれ、一定の禄が与えられた。
 僧は、漢文の素養があったため、対州修文職(以酔庵修簡職)と呼ばれ、朝鮮との外交官の役割を担った。五山中の天龍寺、相国寺、東福寺、建仁寺より、対馬に輪番で派遣されている。これらは、対馬太守・宗義調の請に応じて、景徹玄蘇が朝鮮との通講に当たったことに始まる。1580年から1866年まで、87人、のべ126人、建仁寺からは18人が任に就いた。
◆建築 南の勅使門の北に、三門、仏殿、方丈と伽藍が南北方向に一直線上に建ち並んでいる。
 「勅使門」(重文)は、切妻造、銅板葺の一間一戸四脚門で鎌倉時代後期建立の禅宗様式になる。主柱(控柱)は円柱で棟木下まで延び、貫を着き通している。平清盛の六波羅邸の門、または平教盛(重盛とも)の館門を、室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)後に移築したものともいう。柱や扉に戦乱の矢の痕があり、「矢の根門」「矢立(やたち)門」ともいう。
 「三門(望闕楼)」は、近代、1923年、安寧寺(静岡県浜松市)より移築された。江戸時代末期創建という。三間二間の二重門、三戸。八脚門、本瓦葺、山廊付。禅宗様。三門とは、空門・無相門・無作門の三解脱門の意味。「望闕楼(ぼうけつろう)」とは「御所を望む楼閣」という意味。三門とは、空門・無相門・無作門の三解脱門の意味。「望闕楼(ぼうけつろう)」とは「御所を望む楼閣」を意味する。
 「本坊」(重文)、「庫裏」は、近代、1818年建立、切妻造。
 「法堂(はっとう、ねん華堂、*「ねん」は手扁に占)」は、江戸時代、1765年建立された。仏殿を兼用している。5間4間(24m、19.4m)、一重裳階(もこし)付、入母屋造、本瓦葺、禅宗様仏殿建築。裳階付のため二階建てに見えるが、実際には一階建てになっている。組物は詰組み。床は敷き瓦四半敷き。側面は2間の桟唐戸。花頭窓。背面は中央1間に桟唐戸を入れた後戸。鏡天井の天井画は、小泉淳作筆の「双龍図」(2000年、11.4m×15.7m)が描かれている。
 「東の鐘(陀羅尼鐘)」は、17世紀中頃建立。もうひとつの鐘楼も同時代に建立された。
 「開山堂」には、「楼門(宝陀門、宝陀閣)」、「客殿」、「経蔵」、「開山塔」がある。塔頭の旧名は護国院、また古くは興禅護国院といった。楼門は近代、1884年(1885年とも)に鳴滝・妙光寺の門を移築した。江戸時代中期に建立された。楼閣造、3間1戸二重門。両側に山廊。
 「開山堂」は、江戸時代、1884年に建立されている。入母屋造、本瓦葺の礼堂(7間5間)。相の間、祠堂からなる。堂内には四半敷きのせん瓦が敷かれている。相の間に栄西の入定塔(墓所)があり、奥の祠堂に江戸時代慶派・左京法橋康乗作といわれる祖師像(1664)、脇壇に江戸時代(1752)作の開基・源頼家木像の束帯坐像、祖師塔銘を刻む碑が安置されている。
 「客殿」は、妙心寺玉龍院客殿を移築した。江戸時代中期に建立されている。客殿本尊は赤旃檀釈迦如来像。庭園には、栄西が宗から持ち帰ったという菩提樹の木が3本(2本とも)ある。前庭に明全塔が立ち、道元が宋より持ち帰った師・明全の遺骨が納められている。(非公開)。
 「浴室」は、江戸時代、1628年に三江和尚(諱紹益)により建立された。2002年に法堂東より現在地に移された。七堂伽藍の一つで、内部は待合、浴室(蒸し風呂)・土間(火炊場)がある。禅堂、食堂とともに「三黙堂」のひとつとされている。(非公開)
 「方丈」(重文)は、室町時代。安国寺恵瓊が、安土・桃山時代、1599年に広島の安国寺から移築した禅宗方丈建築。もとは室町時代、1487年建立されている。天井は二重折上げ小組格天井。近代、室戸台風(1934)で倒壊、1940年に再建された。一重入母屋造、銅板葺。室中正面に双折桟唐戸。腰高障子。周囲に縁。桁行27.6m、梁行20.8m。六間取り。本尊は東福門院寄進の十一面観音菩薩像。かつて、桃山時代の画家・海北友松(かいほうゆうしょう)の水墨障壁画があった。現在は、現代の日本画家・橋本関雪による4羽の鴎を描いた「生々流転」障壁画がある。
◆茶室 茶席「東陽坊(とうようぼう)」は、豊臣秀吉の北野大茶会(1587)で、紙屋川の土手に建てられていた副席という。真如堂、上京を経て、近代、1892年頃に建仁寺境内に移され、1921年頃(1924年とも)に現在地の方丈裏庭に再移築された。
 草庵茶室、ニ畳台目の茶席の規範的な形とされる。安土・桃山時代、利休の高弟で天台宗の僧・茶人真如堂・東陽坊長盛(1515-1598)が担当した副席という。茶室「東陽坊」もその名に因む。号は宗珍。利休は東陽坊に、鋳込んだ釜と長次郎作の黒楽茶碗「東陽坊」などを贈ったという。
 席内部は当初の形を残す。炉縁も当初のものという。躙口は西にあり、庭より入る。庇があり、左に刀掛がある。茶席は、堅皮付の中柱が立ち出炉、二重釣棚、風呂先窓、南面の台目床、床框は面取り、取合は縁無襖2枚を立てる。窓は東に色紙窓(上に連子窓、下に下地窓、片引障子)、西に躙口上の下地窓、南に連子窓、片引障子。点前畳上までの天井は床前まで野根竹竿縁の平天井、掛込天井にアシ。
 北の合の間(一畳)との間、取合に二枚襖があり茶道口、給仕口としても使われる。三畳台目向板の控室には南に床の間、丸炉、丸窓が開く。板の間の水屋(二枚の棚板、二段の袋戸棚)からなる。平屋建て、軒の出は深くこけら葺。
 庭石の一部も席に付いてきたといわれている。茶室の西側には「建仁寺垣」がある。横に渡した割竹に、真竹を縦に隙間なく並べられている。
 南に、秀吉遺愛の烏帽子石がある。
◆茶 茶祖といわれる栄西は、宋に渡った際に茶を喫し、禅寺で行われていた茶の作法についても日本に伝えた。1191年の二度目の天台山滞在の際に、喫茶を習得する。栄西の「喫茶」は禅修行と結びつき、坐禅修行の際の眠気を覚ますものとして茶を用いた。茶は養生の仙薬、喫茶は延齢の妙術と説いた。
 栄西は、南宋江西省の浮梁(景徳鎮)から茶種を持ち帰り、日本での栽培を奨励する。当初は筑前、肥前の間にある霊仙寺の西の谷(霊山寺石上坊とも)、背振山石上(いしがみ、佐賀神埼郡吉野ヶ里町)に種を蒔いた。博多・聖福寺にも植えた。ただ、栄西以前、奈良時代に、すでに遣唐使によって奈良に茶木が持ち込まれていたともいう。当時の茶は、団茶(だんちゃ)と呼ばれ、団子状になっており煎じて飲んだ。栄西は挽いて飲む抹茶法をもたらした。
 茶と桑の効用を説く『喫茶養生記』(茶桑経)上下巻を著す。後鳥羽上皇の命を受けており「初治本」と呼ばれている。1214年、3代将軍・源実朝が二日酔いに臥した際に、栄西は一服の茶を献じ快復させ、本を献上したという。これは、「再治本」と呼ばれている。(『吾妻鏡』)。
 『喫茶養生記』上巻「五臓和合門」には、茶の種類、栽培法、採取法、飲用法、抹茶の製法、身体を壮健にする喫茶の効用効能、植物誌などが書かれている。肺は辛味、肝は酸味、脾は甘味、腎は鹹味(かんみ、塩味)、心臓は苦味を好むとしてこれらを摂ることを勧めた。日本人は苦味を摂らないために心臓病が多いとし、苦味の茶を飲むことを勧めた。下巻「遺除鬼魅門」には桑の飲用法、効能などについて記している。
 高山寺開山の明恵が建仁寺を訪ねたという。宮中から帰った栄西は、みすぼらしい身なりの明恵を歓待し、仏教について論じた。栄西は明恵に、茶の効用を説いたとも、1207年に5粒(3粒とも)の茶種を明恵に譲ったともいわれる。明恵は、栂尾の深瀬、宇治でも茶の栽培を試み、栂尾本茶のもとになったという。仁和寺、醍醐寺、般若寺、神尾寺でも栽培が試みられた。その後、伊賀、伊勢、駿河、武蔵へと栽培地は広がっていった。
 1983年、境内に「栄西禅師茶碑」が立てられた。
◆四頭茶会 栄西誕生日(4月20日)には、四頭(よつがしら)茶会(建仁寺茶礼)の行事が行われる。かつては方丈斎の儀式で、栄西が中国の禅院で学んだ日本最古の茶礼(喫茶法)をいまに伝えている。中国では唐代に盛んになり、栄西により日本に伝えられた。当初は、食事儀礼だったが、その後、茶の作法のみが執り行われた。建仁寺では、1954年以来催されている。
 室中飾りは栄西禅師頂相、室町時代の秋月等観の水墨画「龍虎図」の3幅が掛けられる。前卓に燭台、香炉、花瓶の三具足、茶湯が供えられる。床には座牌が置かれる。会衆(えしゅ)が座すと、僧・侍香(じこう)が栄西の像、龍虎図の前で香を献ずる。さらに左右の客のために、中央卓で香を献じる。4人の頭人(四主頭)(正客、主賓、または主位、賓位、主対位、賓対位の正客4人)に8人の相伴(しょうばん)客がつき、一席36人になる。
 僧が献香、行盞・行茶に移り、4人の供給(くきゅう)は、浄瓶(じんびん)と茶筅を持ち入室する。水屋と供給の間を取り継ぐ者を提給(ていきゅう)という。予め抹茶が入った天目茶碗茶と菓子器を配る。浄瓶(じんびん)の湯が、客人の持つ茶碗に注がれ茶筅で茶を点てる。正客には胡跪、相伴客には立って行う。その後、一同は喫する。
◆東の鐘 「東の鐘(陀羅尼鐘)」は、京都第3位の大鐘という。かつて源融(822-895)の河原院のものだったという。河原院の荒廃後、鴨川七条の南の渕に沈んでいた。土中にあったともいう。栄西は官に乞いその鐘を引き上げたともいう。
 この際に、鐘が容易に引き上げられなかった。栄西は自らの名と弟子・長音座(ちょうしゅざ)の名を掛け声として呼べと命じた。「エイサイ」「チヨーサ」と掛け声があがると、鐘を引き上げることができた。その掛け声は、後に「エッサ、エッサ」のもとになったともいう。(『都名所図会』『都林泉名所図会』)
 また、鐘は陀羅尼(だらに)鐘(陀羅尼の鐘)ともいわれる。修行僧が「観音慈救陀羅尼」を一万回唱えながら、床に就く亥の刻(午後10時頃)に鐘を撞いたことに因むともいう。鋳造は鎌倉時代という。
◆栄西の逸話 栄西は宋留学時代にいくつかの逸話を残した。1189年、栄西は宋の天童山景徳寺で虚庵懐敞に引き続き師事した。当時、疫病が流行っていたという。時の孝宗帝は中国の僧に命じて疫病退散を祈念させたが、効果は出なかった。栄西が祈ると疫病が止み、死者が甦ったという。帝は千光法師の号を贈った。
 宋の万年寺、観音院、大慈寺の修造に栄西は勧進を行った。景徳寺の千仏閣修復には日本から材を送ったという。後に、建仁寺建立の際に、その礼として景徳寺より鐘を贈られた。だが、豊臣秀吉は、1590年の小田原攻めの際に鋳直し武器にしたという。
 香椎宮には、日本初の菩提樹を宋より伝え、植えたという。
◆庭園 方丈南の前庭「大雄苑(だいおうえん)」の庭は、1940年に作庭された。枯山水式庭園で、白砂地に縁苔、巨岩を配する。中国の百丈山の眺めを模したという。大雄の名も、百丈山の別名の大雄山に因む。
 庭の正面に勅使門、その背後に法堂が借景になっている。勅使門の両側には、植栽と石が組まれている。西南角の茂みの中に七重の塔がある。織田有楽斎が兄の信長追善のために立てた。開山堂の南から1898年に移されている。
 本坊中庭に四方正面の庭「潮音庭(三連の庭)」がある。小堀泰巌老大師作庭、監修は現代の作庭家・北山安夫(1949-)による。高雄の景石が使われており、法堂の三尊仏に見立てたという三尊石、右に座禅石、紅葉などの植栽があるスギゴケの苔庭で、島と海がともに表現されている。庭は時計回りの渦巻き型の作庭が試みられ、大小二つの島を流れが回る様を表すという。秋に冴える落葉樹のヤマモミジ、ドウダンツツジ、冬に際立つ唯一の常緑樹のヤブツバキが植えられている。
 「○△ロ(まるさんかくしかく)乃庭」は、2006年に北山安夫作庭による。江戸時代の臨済宗古月派の禅僧、画家・仙厓義梵(せんがい ぎぼん、1750-1837)の「○△ロ」の掛軸が元になっている。宇宙の根源的形態、禅の四大思想を表すという。地はロ(井筒の四角)、水は○(白のヤブツバキと苔の円、砂紋、あえて残された景石ひとつ)、火そして風を表すという△(白川砂、形破りといわれる巨大な三角)で構成される。
 北に、茶席「東陽坊」の茶庭がある。
◆建仁寺垣 「建仁寺垣」といわれる独特の垣がある。太い4つ割り竹の表を外に密に縦に並べる。これに押縁(おしぶち)といわれる横の竹を渡し、棕櫚縄の蕨縄(わらびなわ)で結ぶ。数奇屋の庭に用いられる。
◆障壁画 方丈には、安土・桃山時代の海北友松(かいほうゆうしょう、1533-1615)の障壁画がある。いずれも空間構成が絶妙とされる。室中の水墨画「竹林七賢図」16面は、7人の人物画であり、これらを4所に描き分け、間に松竹、岩などを配している。南宋時代の画院画家・梁楷の減筆体による。ほかに「琴棋書画図」、「山水図」、「走獣図」、「花鳥図」(いずれも重文)の5種、50幅は、1934年、室戸台風での被災後に掛軸に改装された。本図は京都国立博物館寄託された。仏壇の間、壁貼付絵は松、飛び立とうとする孔雀を描く。
 安土・桃山時代、17世紀の友松筆、紙本墨画「龍雲図」8幅軸装(重文)は、阿形龍(186×133㎝)、吽形龍(198×187㎝)の二龍で、現在は掛軸に改装されている。墨の濃淡により迫力ある筆致で、阿形は口を開く動、吽形はそれを受ける静を表している。かつて、方丈下間二之間(礼の間)に8面の障壁画として飾られ、二龍は対峙していた。1931年の室戸台風で大方丈が倒壊し、その後、軸装された。 
 2014年より小書院襖16面、大書院襖32面に、現代の染色家・鳥羽美花により型染めで染めた四季の風景が描かれている。白基調の湖を描いた「凪」、青基調の水辺の景色「舟出」が対比する。
◆風神雷神図屏風 建仁寺所蔵(京都国立博物館寄託)の紙本金地着色「風神雷神図屏風」二曲一双は、江戸時代、寛永期(1624-1644)の作という。俵屋宗達の署名も印章もないが宗達作品とみられている。
 かつて建仁寺塔頭・霊洞院に属した鎌倉時代創建の妙光寺(右京区)にあり、1829年妙光寺63世・全室慈保により当山に移された。左に雷神、右に風神を対比させ、金箔の地に雲を表す墨と銀泥による「たらし込み技法」が用いられた。「たらし込み」は、生乾きの水墨に濃淡の異なる墨を含ませて「にじみ」効果を狙った。また、銀が歳月と共に黒変することも予想して描かれたともいう。尾形光琳など琳派絵師の先駆になった。京都国立博物館寄託。
◆天龍図 法堂内天井画に小泉淳(1924-)筆、水墨画の「双龍図」(11.4m×15.7m、畳108枚に相当)が描かれている。2002年に創建800年を記念して開眼法要された。龍は仏法を守護し、また水の神ともとされ、修行僧に仏法の教えの雨を降らせるとされた。火災から寺を守るという意味もある。
 建仁寺では、龍図は、創建以来初めて描かれた。通常は一匹だけ描かれることが多いが、ここでは、宇宙を表す円相はなく、天井一面に二匹の阿吽像が描かれている。麻紙に明時代の程君房の墨で描かれた。天井の高さは12mある。
◆文化財 江戸時代前期の俵屋宗達(生没年不詳)の二曲一双「風神雷神図」(国宝)(複製、陶板、本図は京都国立博物館寄託)、長谷川等伯(1539- 1610)「松に童子図」、現代の橋本関雪(1883-1945)の「生々流転」などが描かれている。
 鎌倉時代の「明恵上人消息」(重文)は尼僧・上光坊の好意に対して断る内容となっている。鎌倉時代、1315年の「一山一寧墨蹟 雪夜作」、南北朝時代の良全筆「十六羅漢図」16幅(重文)、鎌倉時代、霊洞院蔵「伏見天皇宸翰 読漢書詩」(重文)、南宋時代の宋拓、石橋可宣筆「三自省察」(重文)、南北朝時代、1338年の「高山慈照墨蹟 福成寺条々規式事」(重文)は霊洞院蔵、規式八箇条を定めた。
 高麗時代「高麗版大蔵経」は、1456年、足利義政の命により高麗から雪巖永嵩が持ち帰った。
 田村月樵(1846-1918)の障壁画「唐子遊戯図」、近代の清水焼陶芸家15人による「陶製十六羅漢像」など。
 塔頭・両足院に江戸時代の伊藤若冲筆「雪梅雄鶏図」、禅居庵に「拾得および鶏図」、久昌院に江戸時代の曾我簫白筆「山水図」。
 霊洞院小書院、大中院に海北友松の水墨画「松竹双鶴図」1面、「人物画」4面、「花鳥図」5面、「草山水図」2面、大中院に「山水図」8面、「芦鷹図」4面がある。
◆風神雷神図 ニ曲一双という異例の形式で、屏風金箔地「風神雷神図」(国宝)は描かれている。落款、印章もないが、江戸時代前期の絵師・俵屋宗達晩年の真筆とされている。もとは建仁寺末寺・妙光寺(右京区鳴滝)に1639年頃に奉納され、その後、建仁寺に移されたとみられている。
 左が白い身体の雷神、右が緑の風神で、二神のみを描いた初例といわれている。二神は両端に寄せ、中央の金他の余白を広く取り、扇面の構図を取り入れている。雲には墨と銀により「たらしこみ」の技法による滲み、斑が用いられている。
 三十三間堂の千手観音眷属の二神(13世紀)を参考にしたともいわれている。また、「平家納経」中「普門品第二五」の見返し絵、弘安本「北野天神縁起」中、清涼殿落雷の場の雷神を参考にしたともいう。
◆塔頭 14院ある。常光院、清住院、正伝永源院、興雲庵、堆雲軒、久昌院、禅居庵、大統院、霊源院、霊洞院、両足院、西来院、大中院、六道珍皇寺。 
◆不思議 伝えられる不思議が境内、境外にある。
 「陀羅尼鐘」は別項。/「宋の菩提樹」は、栄西が宋より持ち帰った種により育った。/「楽神廟(堂)」は、鎮守であり明星尊を祀る。栄西の母が祈念し栄西を産んだという。/「矢の根門」は、勅使門をいう。柱扉に鏃跡(やじりあと)が残る。平重盛(1138-1179)邸の門、門脇教盛(1128-1185)の門ともいう。/「長我部盛親の公孫樹(いちょう)」は、南座の裏にあった。盛親(1575-1615)が徳川勢に捕えられ六条河原で斬首になる。その首級が木にかけられた。以来、木には念が残り、葉にはお多福形の痕跡が現れたという。
 ほかに「左女ヶ井」「妙徳石」「焼香橋」などは詳細不明。
◆療病院 近代、1876年、京都府は建仁寺塔頭・福聚院を借上げ、療病院の仮駆梅院を開設した。遊里の梅毒患者の検査、隔離治療施設であり、現在の祇園歌舞練場付近にあった。その後、福聚院は上知により廃される。1882年、新駆梅院(花見小路)が開設された。1900年、京都八坂病院となり、京都娼妓検査所を併設していた。1913年、下京区東山通五条上ルに移る。1946年、府立平安病院と改称、1955年、府立洛東病院に発展した。
◆楽神廟 鎮守の楽神廟が祀られていた。備中国吉備津社末社を勧請したものという。開山・栄西は備津神社の社家に生まれている。栄西母が祈願すると栄西が誕生したことから祀られた。
 開山堂内木柵内に土饅頭型の巨石が祀られている。栄西が入定(即身仏)した場所という。
 開山堂前庭に、明全塔が立ち、道元が宋より持ち帰った明全(1184-1225)の遺骨が納められている。
 戦国時代から安土・桃山時代にかけての禅僧・大名の安国寺恵瓊(1539-1600)の首塚が方丈の前庭にある。恵瓊は関ヶ原の戦(1600)では西軍に与したため、六条河原で斬首された。その首は、建仁寺の僧侶が持ち帰り、当寺に葬ったという。
◆文学 1907年4月、夏目漱石は相国寺、同志社、京都御所を経て建仁寺を訪れている。
◆映画 時代劇映画「乞食大将」(監督・田中徳三、1964年、大映)の撮影が行われた。
◆樹木 センダンがある。
◆修行体験 写経、坐禅・法話(本坊、毎月第2日曜日、8:00-10:00、10月-3月9:00-11:00、8月休会)。希望により坐禅体験・法話(8:00-10:00・17:00-20:00)。
 千光会(毎月第2日曜日8:00-10:00、お経唱和、茶礼、管長猊下の御法話、予約不用)。
 写経(随時、本坊)。
◆年間行事 改旦祝聖(1月1日)、修正懺法(しゅうしょうせんぽう)(1月2日)、修正満散(1月3日)、雪安吾解制(2月1日)、百丈忌(2月17日)、仏涅槃会(3月15日)、聯燈忌(4月1日)、仏降誕生会(4月8日)、開山降誕会(4月20日)、雨安吾入制(5月1日)、開山忌・献茶式(6月5日)、暁天座山会(7月上旬)、山門施餓鬼(7月15日)、布薩会(ふさつえ)(7月30日)、雨安居解制(8月1日)、頼家忌(8月18日)、大覚忌(8月24日)、達磨忌(10月5日)、瑶甫忌(ようほき)・雪安吾入制(11月1日)、達磨忌(11月5日)、先住忌・祠堂法要(11月15日)、ろう八大接心(ろうはつおおぜつしん)(12月1日-8日)、仏成道会(12月8日)、冬夜(12月21日)、冬至祝聖(12月22日)。
 千光会(坐禅)(第2日曜日8:00-10:00、8月休会)。
 

*年間行事は中止、日時変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都の五山寺院 その歴史と系譜』『旧版 古寺巡礼京都 6 建仁寺』『古寺巡礼 京都 23 建仁寺』『建仁寺』『京都の禅寺散歩』『建仁寺 建仁寺と栄西禅師』『拝観の手引』『京都・山城寺院神社大事典』『京都古社寺辞典』『日本の仏教を築いた名僧たち』『事典 日本の名僧』『京都府の歴史散歩 中』『日本の古寺大巡礼』『京都・宗祖の旅 道元』『京都 道元禅師を歩く』『京都の寺社505を歩く 上』『別冊太陽 長谷川等伯』『障壁画の見方』『寺社建築の鑑賞基礎知識』『京の茶室 東山編』『増補版 京の医史跡探訪』『文学散歩 作家が歩いた京の道』『京都シネマップ 映画ロマン紀行』『京都まちかど遺産めぐり』『京都歩きの愉しみ』『京都で日本美術をみる』『あなたの知らない京都府の歴史』『京の怪談と七不思議』『こころ美しく京のお寺で修行体験』『週刊 仏教新発見 19 建仁寺 東福寺』『週刊 古寺を巡る 44 建仁寺』『週刊 日本の美をめぐる 金と墨の 長谷川等伯』『週刊 日本の美をめぐる 2 奇跡の出会い 宗達と光悦』


  関連・周辺建仁寺開山堂〔建仁寺〕     関連・周辺両足院〔建仁寺〕     関連・周辺大統院〔建仁寺〕     関連・周辺正伝永源院〔建仁寺〕    関連・周辺禅居庵(摩利支天堂)〔建仁寺〕    関連・周辺西来院〔建仁寺〕     関連・周辺霊源院〔建仁寺〕     関連・周辺久昌院〔建仁寺〕    関連・周辺清住院〔建仁寺〕     関連・周辺常光院〔建仁寺〕     関連・周辺大中院〔建仁寺〕    関連・周辺堆雲軒〔建仁寺〕     関連・周辺毘沙門天堂〔建仁寺・両足院〕     関連・周辺霊洞院〔建仁寺〕    関連・周辺興雲庵(陀枳尼尊天、豊川稲荷)〔建仁寺〕     関連・周辺京都えびす神社     周辺     関連釜ヶ淵     関連五条大橋     関連野天満宮     関連高山寺     関連妙光寺       

本坊中庭、潮音庭(三連の庭)、三尊石、座禅石(右)、紅葉などの植栽がある苔庭。奥に「風神雷神図」が立てられている。小堀泰巌老大師作庭、監修は北山安夫による。

潮音庭

潮音庭

○△ロ乃庭、宇宙の根源的形態、禅の四大思想、地はロ、水は○、火は△で、そして風を表すという。江戸時代後期の禅僧・仙がいが「世の中はすべて○△ロで成り立つ」と述べたという。 *仙がいの「がい」は涯のサンズイなし。
左下手前が白砂の三角、中に植木と苔地、砂文の丸、右上が井筒の四角。

「風神雷神図」(陶板)(154.5㎝、169.8㎝)、別の複製も展示されている。ニ曲一双の屏風金箔地。落款、印章もないが、俵屋宗達晩年の真筆とされている。左が雷神、右が風神。実物は京都国立博物館に寄託されている。時に里帰りすると雷鳴響くという。

雷神

風神

友松筆、紙本墨画「龍雲図」

書院の襖絵、橋本関雪の「松韻」

橋本関雪「生々流転」

田村月樵筆「唐子遊戯図」

金澤翔子書「風神雷神」

鳥羽美花筆「舟出」

対馬行列輿


茶室「東陽坊」

茶室


田村月樵 遺愛の大硯

安国寺恵瓊(あんこくじ えけい)の首塚、辞世の詞「清風払名月、明月払清風(清風は名月を払い、明月は清風を払う)」。

鎌倉時代、道元禅師(1200-1253)修行の遺跡、曹洞宗の道元は、比叡山で出家し、栄西の高弟・明全に師事した。1223年、明全とともに宋に渡り、慶元府の景徳寺、天童如浄に就く。1227年頃、帰国、再び建仁寺に入った。晩年は、山城深草に移住した。

栄西禅師「茶碑」、「茶祖」栄西は、茶の種類や抹茶の製法、身体を壮健にする喫茶の効用が説かれた『喫茶養生記』を著した。茶室東陽坊がある。

桑の碑栄西の『喫茶養生記』下巻には、桑の効用について書かれている。五種の病、飲水、中風、不食、瘡病、脚気、これらの病には、諸仏菩薩の樹であるという桑の妙薬が効くとした。

お茶の花(10月)

茶畑

【参照】茶の実

建仁寺垣、4つ割り竹の表を外に密に縦に並べる。これに押縁(おしぶち)といわれる横の竹を渡し、蕨縄(わらびなわ)で結ぶ。


楽神廟(らくじんびょう)、栄西の母が岡山吉備津神社末社、楽の社に参詣した後、夢枕に明星が現れて栄西を懐妊したことにより祀られたという。楽の大明神の本地仏は虚空菩薩で、知恵学徳、規約力増進の公徳があるという。11月13日に大祭。丑年生まれ、寅年生まれの守り本尊。
綴プロジェクト「雲龍図襖」  綴プロジェクト「風神雷神図屏風」  綴プロジェクト「花鳥図襖」  綴プロジェクト「花鳥図襖」  綴プロジェクト「雲龍図襖」  綴プロジェクト「山水図襖」  綴プロジェクト「琴棋書画図襖」  綴プロジェクト「山水図襖」  綴プロジェクト「琴棋書画図襖」
双龍図と風神雷神の360度パノラマ写真VR
建仁寺 グーグルマッブ・ストリートビュー
建仁寺 〒605-0811 京都市東山区小松町584,大和大路四条下る  075-561-6363  3月1日-10月31日、10:00-16:30 11月1日-2月28日、10:00-16:00

より大きな地図で 建仁寺 を表示
ホーム・京都風光   ホーム・京都風光  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp