鳥羽の大石 (京都市伏見区) 
Toba-no-oishi(large stone)

  

鳥羽の大石


「鳥羽の大石」のひとつ、重さは約6トンという。
 鴨川に架かる最南の橋である京川橋の下流、下鳥羽場三町付近の鴨川東岸河川敷に、「鳥羽の大石」はある。 
 切り出された長形の巨石(縦約180㎝、横90㎝、高さ90㎝)が3つ並べられている。これらの石は、近年、龍門堰下流の鴨川水中から引き上げられたという。
◆鳥羽の大石 江戸時代、1662年、「寛文二年近江・若狭地震」の際に、京都でも大きな被害が出た。二条城の建物、石垣も損壊した。その修復のために各所より石材が運ばれる。船により、鳥羽のこの付近まで運ばれてきた大石は、何らかの理由により水没したとみられている。
 大石は、二条城城郭の石材として、瀬戸内の石切場から切り出された。船で鳥羽の湊まで運ばれ、陸揚げされた。巨石は運搬するための橇(そり)、修羅に積替えられ、京都まで陸送された。
 現在、二条城城門の飾り石には、この大石と酷似する石質、同じ寸法のくさび跡である「矢穴痕」(くさびを入れるための穿った穴跡)が見られるという。
◆草津の湊 「鳥羽の石」の下流、鴨川と桂川の合流利点付近に、かつて「草津の湊(くさつのみなと)」が開かれていた。
 江戸時代、京都に舟で運ばれてきた物資はここで一度荷揚げされ、以後は陸路により運ばれた。
 地名の鳥羽(とば)の語源は、「はとば(湊)」に由来するという。「はとば」の「は」の音が消え、「とば」になったといわれている。


*参考文献 説明板


   魚市場遺跡 魚魂碑          二条城       top

石には、石を割る際に開けられた「矢穴(箭穴)痕」がある。このような「やあな」は、石の目に沿って、玄翁(げんのう)と石鏨(のみ)で一列に刻まれている。この穴に樫や欅製の楔(くさび)が打ち込まれ、木に水をかけて膨張させることで石を割っていた。

鳥羽の石の下流、鴨川(右)と桂川(左)の合流利点付近に、かつて「草津の湊(くさつのみなと)」が開かれていた。江戸時代、京都に舟で運ばれてきた物資はここで一度荷揚げされた。界隈は往来の旅人で賑わっていたという。荷はこの地から、陸路により京都まで運ばれていた。

かつて「鳥羽の湊」があった鴨川下流の桂川の風景。湊は水上交通の要衝地として栄えていたという。
map 鳥羽の大石 伏見区下鳥羽場西柳長町付近

より大きな地図で 鴨川の橋 を表示

より大きな地図で 鳥羽の大石 を表示
50音索引  ホーム・京都風光  top
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp